UE6000 & UE900 レビュー

今回アルティメットイヤー(UE)から販売された、待望のヘッドホンUE6000と待望の10Proの後継機UE900をレビューさせて頂きす。

まず、予備知識としてUEの特徴としてドンシャリ傾向が非常に高く、迫力の音楽を表現してくれます!

フラットな音でひたすら繊細に表現するたけの音ではなく、ドンシャリにして音楽を聴くのが楽しくなるような音になります。
また、定位が非常に広く、聞き疲れなく、楽しく表現してくれます。

UE6000 & UE900
開封したらこんな感じです。


UE900UE6000

では、レビューに入りましょう。
あくまでも個人的な主観と感覚で記載させて頂きます。

まずはUE900の方から見ていきます。

【低音】
ウッドベースがパワーのある音を奏でてることができる。
パワーのある音であるが、深みのある音ではないので少し残念である。
しかし、十分に引き締まった音であると感じられた

【中低音】
男性ボーカルの声がGBに少し負けているように感じられる。
しかし引き締まったような臨場感を奏でることが可能である。

【中高音】
女性ボーカルが全く消えず、引き立つ感じである。輪郭の線が非常に明確であるが、他の演奏を邪魔することがない。

【高音】
高音の評価としてヴァイオリの音を基準とした。
ヴァイオリンによる表現がきれいであるが、繊細であるがゆえに録音時に依存する音の線に少し粗が見えるくらいである。
但しシャリつく独特な癖を感じるが、キツく耳に刺さるようなものではないと考えられる。
十分な伸びの高音も繊細である。

【定位】
非常に定位がしっかりし、UEの独特の定位を再現している。
10proより、一歩下がった位置で演奏されている感覚である。

【解像度】
非常に解像度が高く、音楽の録音時の粗が目立ってしまうように感じられ、録音、再生機器のレベルが問われると感じられた。

【総評】
全体的な音が引き締まり、たるんでる領域の音の存在がなく、つながりも良好である。
但し10Proよりはフラットになった印象が感じられ、後継機というよりは別物であると考えるべきだと感じました。
ケーブルは標準品を利用して確認しているのでリケーブルでポテンシャルを引き出せるかが楽しみです。


次にUE6000です。
【低音】
深みのある低音を表現してくれるが、パワー自体はUE900には劣ると感じられる。
しかし十分なパワーを持つため深みを表現しているように感じられ、深みは10PROの銀リケーブルと同等であったと感じた。

【中音域】
ボーカルがかき消されることもなく、引き立つことが分かる。
輪郭が浮かび上がるように感じられる。

クラシックやノンボーカルJAZZにおいては楽器を演奏している人がイメージできる。
しかし、問題点として高音域と低音域の間で繋がりが少々悪いように感じた。

【高音】
繊細の中に筋が通っているように感じられ、非常に高評価できるだろう。

【定位】
非常に定位がしっかりしているので目の前で演奏している光景が浮かんでくるように感じる。
特有の定位であるので、個人による好き嫌いが出ると考えられるので、実際に視聴していきだきたい。

【解像度】
非常に繊細で背景に隠れてる、音も拾い上げている。生音源では客の立てるノイズ及び服の擦れる音まで聞こえる。
正直これには驚いた。当方の再生環境では再生機器の方が限界であると感じた、UE6000の本気を見るためにはSACDプレーヤーを導入する必要があると感じられた!。

【総評】
全体的にバランスの取れた音であるが、低音と中音域と高音では分かれて聞こえてしまうのが少し残念だと感じられた。
なぜそのように聞こえたのかは理解できない。複数本のユニットから音を出しているのであればわかるが、そういうこともしていない純粋なヘッドホンのはずなのに…
締め付けも十分あるので長時間のリスニングには不向きかもしれないと思います。
ちなみにヘドバンしても全然外れません。
また、リケーブルもできるのでポテンシャルの引き出しに期待したいところです。


以上が大まかなレビューとなります。
非常に楽しい時間を作ってくれると思いますので、是非とも購入してもいいと思います。
またノイズキャンセルについては強力に働いてくれます、UE6000のボディに単三電池二本入れる仕様になっております。
では次回のレビューでよろしくお願い致します。

【大阪日本橋でオーディオの良いお店】
e-イヤホン
様々なイヤホンやヘッドホンの視聴器が展示され、初心者に対しては店員さんが説明してくれます!
アサヒステレオセンター
高級再生機などを取り扱っている日本橋で一番お気に入りのショップです!
ハイファイ堂
中古での再生器も扱っているので見に行けば楽しいと思います。



Leave a Reply

1 Trackback to "UE6000 & UE900 レビュー"

  1. on 2013年4月17日 at 10:05 PM